技術情報

  • HOME >
  • 技術情報

技術情報

汚染土壌の浄化

汚染土壌の浄化

大甲の汚染土壌の浄化

汚染土壌の浄化

お客様のニーズに合わせ調査を実施致します。
土壌汚染対策法・各都道府県条例に基づく浄化を行います。
現状に併せて、より最適なご提案をさせて頂きます。

また、弊社提携会社より低濃度PCB無害化処理も可能です。

汚染土壌洗浄化システム

【システムの概要】

汚染土壌は磨砕機に入る前に40mmを回収し破砕後再利用。
磨砕機で浄化後、5縲鰀40mm、5縲鰀75μmを回収し、建材として再利用。
75μmは濁水として水処理プラントで、水と75μm以下の微粒子を不溶化後回収し、産業廃棄物(脱水ケーキ)として埋立処分し、水は浄化水として再利用。

品質管理

  • 回収されたものは1回/100m の浄化確認のための分析試験を実施。
  • 脱水ケーキも1回/100m の分析試験を行い埋立基準をクリアしているかどうかを確認。
  • 上記確認試験の結果が判明するまでは保管ヤードにて保管。
  • もし不合格となった場合は再浄化。

環境管理

  • 搬入車両は、荷降ろし後、タイヤ洗浄を行い場外へ。
  • 処理前土壌は風雨の影響を受けない、屋根の下で保管。
  • 1回/月 粉じん測定を行い、有害物質の飛散を確認。

  • 技術情報
  • 採用情報

株式会社大甲

〒650-0033
兵庫県神戸市中央区江戸町101番地
三共生興スカイビル301号